最悪の飼い主

今日の夕方、相棒ラッキィと浅の川河川敷を散歩中の出来事です。

向こうからパピヨンをだっこした青年とすれ違ったその直後!

後で「ギャオン~」というわんこの声にラッキィが跳び逃げる反応!

振り返ると先ほどすれ違ったその青年はなんと

だっこしていたパピヨンをまるでウサギでも掴むように

後足を持って吊り下げ、もう一方の手で犬の腹を殴っているではないか!

これはいかん! 「こら、待てい!」

僕 「なにをしているのですか!」

僕 「犬を虐めたらダメでしょう!」

するとその青年は (たどたどしい口調で・・)

青年 「こいつ、言うことを聞かないんだ」

僕にはすぐに分りました、この人は発達障害・・・」

最悪の飼い主です。

犬は当然怯えきって、震えています。

僕 「犬はおもちゃじゃないんだから、嫌なことはしないよ」

青年 「こいつ、僕から逃げるんだ」

僕 「当たり前です、あんたには犬を飼う資格はないよ」

青年 「・・・・」

僕 とにかく、犬を虐めないでよ」

僕 犬を虐めたら処罰されるよ」

青年 「・・・」

そして、分かれていくと・・・後で

青年 「ごめんな、お前言うこと聞かないからだよ」

その後、青年と犬は僕の視界から消えましたが・・・

あのわんこ、きっと今に殺されると思いました。

親が与えたのかも知れませんが・・・

あのような人に犬を売ったら絶対にいけません。

しかし、人間の子供が虐待死される世の中だから・・・

悲しいかな、無くならないのかもしれません。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

切なく・・・辛いですね・・・
確かに今の世の中、毎日の様に子供への虐待や逆の子供が親を・・・
色んなニュースが流れて来る中・・・
小さなわんこの事は伝えられる事などほんの一握り・・・

それでもブログを通じてもの言えぬ小さな命への虐待と言える暴力や
放棄等たくさんのお話をお聞きします・・・悲しい事ですね。

パパさんが出会われた男性も決してご本人だけが悪い訳では無く
周りのご家族が「犬」も大切な命であり、可愛がる事で懐き良い関係が得られる事を
先に教えてあげる・・・指導してあげるべき事なのかと・・・

どんなに小さくても「命」の重みを理解して共に生活して欲しいですよね・・・

Re: まろんさんへ

こんにちわ!
いや~ビックリしました、ショックでしたよ
犬の後ろ足を持って吊り下げて
まるで拷問です。
正気の沙汰ではないですよ。
そしてあのわんこ、顔色もよくなかった 
その場ではとりあえず止めさせたけれど
もう、その後も心配で辛い散歩の帰り道になってしまいました。
残念でなりません。

ひどいですね!

こんにちは!
ご無沙汰しています。
今回の虐待の事件、悲しすぎます。
どういう経緯でその男性が飼っているのか分かりませんが、きちんとお世話が出来ない人に売ったり、譲ったりして欲しくないですね!
犬は飼い主を選べませんし、お金さえあれば、ペットショップは売ってしまうのが現実だと思います。

そのパピオンのお宅に他にきちんと可愛がってお世話が出来る人がいてくれると良いのですが。。。

動物虐待といっても、精神疾患の場合、責任能力欠如という理由で罪に問うことが難しいですかね。
何とか保護してあげたいですね。

ラッキィくんのパパさんが一番辛いですね。目のあたりにしてしまって。

可愛がってあげている時間もあると信じたいです。


Re:東京のナッツさんへ

こんにちわ~ お久し振りです。

いや~本当にショックな日でした。
僕も全くの他人に向かって叱り付けてしまって
本当にいや~な気分になってしまったのですが
一応、直後にその精神疾患の青年が犬を地面に置いて「ごめんな」と
言っていたのが僅かな救いでしたが・・・
そのときのパピヨンが口から舌が長~く出てしまって
今にも死にそうな顔つきが忘れられません。
もう、見たくない光景です。

日本の国や自治体はもうそろそろ
犬の飼い主を審査して許可制にすべきだと思いますね。

No title

う〜ん、辛い体験をされましたね。

全く勝手な想像ですが、御家族がその青年に買ってあげたのかも知れませんね。動物を飼うことによって良い方向に向って欲しい・・・というような感覚で。
でも、それにしても命あるものを少し軽く扱っていると言わざるをえませんね。
パパさんの仰るとおり「おもちゃ」ではないんですものね!

そのワンにしても青年にしても、あまり良い事ではないように思われますね。
もし、その御家族が青年の事を思って買ってあげたのだったら、二人きりにさせる事は避けた方がいいのに、、、。
嘆息。

Re:billmonさんへ

こんにちわ~お久し振りです。

いや~相手は障害児とはいえ僕よりかなりでかい男・・・
初め、ちょと躊躇しましたが、勇気を出して「こら~!」
というしかありませんでした。(大汗)

あんたは何所の子?と聞いても言わないし・・・
後を追跡するわけにも行かないし・・
後ろ髪引かれる思いで帰ってきた次第です。

僕はその後また以前のように体を鍛えることを再開しました(笑)

No title

はじめまして。

私もよく浅の川河川敷を散歩します。常盤橋近辺です。

見かけたら私も注意します。甘えの強い青年なのでしょうね。幼児性と・・・皆で注意するしかないですね。

両親は梅の橋近隣を散歩するようです。

両親や犬友に伝えます。

ちなみに私も両親もチワワ飼いです^^

パピヨン・・・あんな可愛い従順で小さい子を殴る・・・本気で飼い主を同じ目に会わてやりたい・・・です。

Re:ココナッツ母さんへ

始めまして、ようこそ!

本当に今思い出しても身震いします。
最初、は何かぬいぐるみでも吊り下げているのかと目を疑いました。
可愛そうに後ろ足を持って吊り下げられたあの犬の顔は
目つきがうつろで舌を長く出して今にも死にそうな様子でした。

本当にとんでもない奴です。
僕は本気で犬を奪いそうな気持ちになりました。
あれから会っていませんが、どうしているのかしら心配です。

プロフィール

ラッキィパパ

Author:ラッキィパパ
名前は  ラッキィ
誕生日   2009/3/4
性 別      雄
毛 色   ブラック&タン
        パイボールド

(黒と茶に白が混じっています)
レアなカラーのため
  ミックスですか?
     とよく言われます。(笑)
住まいは石川県ですが、生まれは大阪のブリーダーさんの家。
生後2ヶ月の時ママの胸に抱かれて高速道路でやってきました
まだまだ、やんちゃ盛りで大好きなママを困らせる毎日です。
皆さんのアドバイスや助言が頂けたら幸いです。
リンクフリーですご自由にどうぞ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード